電話占いに支えられています

私と私の会社は電話占いに支えられています。そんな私は、小さい頃から、なぜか占いというもの自体にそれほど興味がなく、テレビや雑誌で占いのコーナーがあっても、ほとんど見向きもせず、家族や友達が占いの話をしていても、ほとんど入っていくことはありませんでした。占いに対して、「そんな非科学的なことを信じても仕方がない」と思っていて、そんな信憑性のないことを言っている占い師に対して、多少の嫌悪感すらありました。そんな私が、占いというものを信じるようになったのは、3年前からです。当時、友人たちと定期的に開いていた飲み会の席で、友人のうちの一人が、「今日は紹介したい人がいる」とのことで連れてきていたのが、今私が占っていただいている占い師の方でした。私は、酒の席であるし、私が占いをあまり好きではないことは告げず、試しに占ってもらうことにしました。私の今後の仕事運について占っていただいたのですが、私は最初は半信半疑で聞いていました。しかし、占い師の方の真剣な眼差しと真剣に私のことを心配してくれているという気迫が伝わり、「この人になら、何でも相談してみよう」という気になっていました。当時私は、勤めていた会社を辞めて、独立をしようと密かに考えていたのですが、半分は迷いもあって、悩んでいました。しかしその話は誰にも告げたことはなかったのですが、占い師の方は私の悩みの内容をはっきりと言い当てて、「ぜひやるべきだ」と背中を押してくれました。その後に、私は独立をして、ぼちぼちですが成功へと向かっているのは、そのときの助言のおかげです。初めて占ってもらったあと、なぜか「また占ってもらいたい」という気持ちが日に日に増していって、気が付けば、占い師の方から貰った名刺の電話番号へ、電話をしていました。予約を入れて、その方の自宅兼事務所へ行って何度か占ってもらっているうちに、週1回、定期的に占ってもらうという、習慣がつきました。今は私が開業のため、引越しをしたため、通うことが難しくなり、電話占いという形をとって、定期的に占ってもらっています。自分のプライベートなことや会社の方向性なども、全て占ってもらっています。電話占いということで、表情は見えませんが、私のために真剣に考えてくれているという熱意が声からいつも伝わってきています。電話占いの良さとしては、これから正念場を迎える場面などに、占ってもらって、モチベーションを高めてもらい、すぐに仕事に取り組めるということもできます。場を選ばないというのが、最大の利点です。このように、私は電話占いに支えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*